So-net無料ブログ作成

ブリューゲル「バベルの塔」展 [雑記]

Babel01.jpg
バベルの塔はそれほど大きくなく、細部が細かいのでよく見えない・・・
前回の教訓で、オペラグラス持って行ったけど、多少マシな程度。
一番よく見えたのは、間近に見ることができた、ミュージアムショップの8万くらいの複製画だった。
エッチングの作品もすごく細かくて、細部がよく見えないよ・・・
西洋妖怪?は、どういう発想でこんなものが出てくるんだろう・・・と思った。

Babel02.jpg
大友克洋の「INSIDE BABEL」。
オリジナルの中を見えるようにしたらどうなるか?を描いたもの。
上部にUFOのように光っているものは、ガラスに反射した蛍光灯。

Babel03.jpg
東京にバベルの塔があると、このくらいの大きさらしい。

Babel04.jpg
公式マスコットの「タラ夫」。
Babel06.jpg
「着ぐるみ」と書いてしまうところがなんとも^^;
音声案内に出てきたけど、声の人は森川智之だった。
ミュシャ展よりも1つのナレーションが長く、絵画の前に人が溜まりがちだった。

Babel05.jpg
隣の上野動物園では昨日パンダの赤ちゃんが誕生したが、雨だったし一般公開はまだまだ先だし、思ったよりも閑散としていた。
駅近くのカフェレストランでは、今月いっぱい子パンダごはんサービス中だった。
白いけど、カレー。辛いシチューと言えなくもない・・・
そして、目鼻は黒豆なのだが、甘く煮てある黒豆だった。ちょっと意外。
耳はオリーブ。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。